冬の味覚といえば色々ありますが、私にとっては「カニ」です。冬になったらこれを食べないとイカン!と思うほど好きな食べ物です。

 

毎年この時期になると家族でカニを食べに行くのが家族行事となっています。昨年も1月に家族そろってカニを食べに鳥取まで旅行に行きました。

 

境港近くのホテルに毎年止まっており、お泊りのコースは決まって「お得なカニ三昧コース」です。カニの種類はタラバガニです。

 

家族みんなカニが大好きです。ホテルに泊まるとまずは温泉で各々温まり、夕食を待ちます。時間が来ると部屋に女中さんが次々とカニ料理を運んできます。このコースは蟹しゃぶの食べ放題がオプションでついており、毎年つけています。蒸しカニと焼カニが食べ放題というカニ好きにはたまらないコースなのです。机にはカニの刺身、カニの茶碗蒸し、カニ汁、そして焼ガニと蒸しカニなどなど、机にあふれています。そして食事開始。暖かい茶碗蒸しを平らげて本命の食べ放題のカニ達へ突入します。

 

次の瞬間からしばらく無言の時間帯に入ります。ほじっては食べ、ほじっては食べの繰り返し時間です。どうしてカニを食べるとき、人はあれほど無口になるのでしょうね。あの時は家族そろって無口で、カニをほじくる集中力はすごいものです。カニの身は詰まっており、ホコホコ、プリプリしてたまりません。

 

夢中でおなかが満たされるまで次々食べていきます。何度かお代わりを繰り返して終了。息子たちが食べた後はとんでもないカニの殻の山ができていました。今年の冬も絶対に食べに行きます。

 

こちらのサイトがカニしゃぶを専門的に紹介しているので参考になると思います。